防湿対策として有効なフッ素系コーティング剤の実力について

SITE MAP

スマホと水滴

建築木材の防湿加工もフッ素コーティングが一番

水滴

電子部品など金属に利用されることも多いフッ素コーティングですが、金属のコーティングに適しているだけでなく、それ以外の素材にも撥水剤として利用されます。金属以外によく利用される物としては、建築現場で使われる木材もその一つです。建築木材は野外に放置せざるを得ない事も多く、その防湿のためにフッ素コーティングが役立っています。
木材でできた家は暮らしやすいと言われますが、それは木材が周囲の湿気に合わせて水分を吸収したり吐き出したりするからです。しかし木材は水分を吸収すると膨らんだり、その結果反ってきてしまいます。建物の建築はしっかりと計算して行われるので、湿気を吸い込んで膨らんだり反ってしまうと、計算通りに建築できなくなったり、耐久性に不都合が出る可能性も少なくありません。
なのでそう言った変化をしないように、建築木材はフッ素等で防湿されています。また、フッ素は雨や空気中の水分を弾くだけではなく、汚れを弾く力も優れているコーティング剤です。
いくら建築素材が大きく屋内で保管できないとしても、汚れた木材で家を建てては見栄えが悪くなってしまい、不満に思われてしまうでしょう。フッ素樹脂でコーティングすれば、屋外に素材を放置してもほぼ濡れず汚れず万全な状態で建築に使うことができるので、建築現場の木材の防湿加工もフッ素コーティングが適しています。

フッ素コーティングのメリットは防湿効果だけではない

フッ素コーティングの効果と言えば防湿効果が有名です。電化製品や衣料品を水気や湿気から守ってくれる効果があり、フッ素コーティングが施されているものは長持ちしやすいという印象があります。防湿効果だけでなく、フッ素コーティングにはさまざまなメリットや効能があり、いろいろな製品で活用されているのです。その多くは、お鍋やフライパンなどの調理器具です。調理をした時に焦げ付きにくくするために、表面にテフロン加工というものを行うのですが、それらの加工がフッ素コーティングの一種です。
テフロン加工をしたお鍋やフライパンは防湿効果があるだけでなく、焦げ付きにくく調理がしやすいという大きなメリットがあります。あまり料理に慣れていないという人は調理器具の焦げ付きなどが気になり、料理の仕上がりに影響してしまうという事も珍しくありません。テフロン加工が施されているお鍋やフライパンを選べばそんな心配もなく安心して料理に専念できる事でしょう。
フッ素コーティングの調理器具は、焦げ付きにくいだけでなく表面が傷みにくく長持ちしやすいというメリットもあります。これからお鍋やフライパンなどの調理器具の購入を考えておられる方は、ぜひテフロン加工の物を選んでみてください。

フッ素コーティングによってスマホも防湿効果を付与できる

防湿機能や水をはじく撥水機能があるフッ素コーティングは、いろいろな製品に使用されていますが、身近なもので意外な使用例と言えば、スマホです。スマホは直接指でタッチして操作をしますからとても汚れやすいですし、傷が付きやすいという不安やデメリットもあります。そんなスマホの表面の汚れや傷を防止する機能として防湿効果のあるフッ素コーティングが利用されています。
フッ素には湿気などから製品を守る防湿機能以外にも、汚れや傷を付きにくくする効果があるのです。そのため、スマホの表面の細かな傷や汚れ、そして指で操作をした際の指紋の付着を防ぐためにフッ素コーティングが活躍してくれます。汚れや傷が付きにくいものは必然的に長持ちしますから気に入った機種のスマホを長く使いたいと考えておられる方にはおすすめです。
今現在使用しているスマホの指紋の付着や細かな傷などに悩んでおられる方は、自分でもコーティング剤を購入してリカバーすることが可能です。初めて使う方でも簡単にコーティングする事ができ、かなり効果的な補強になりますので、スマホの画面が傷ついたり汚れたりするのを防ぎたいと強く考えておられる方は購入した時から試されると良いでしょう。

Latest Recent

基板

フッ素コーティングは電子部品の防湿対策にも使える

電子部品を製造する工場などで使われることがある材料の一つに、防湿可能なフッ素コーティングがあります。湿気をなるべく避けたいのが電子部品ですので、防湿効果のある材料はぜひとも積極的に使っていきたいところです。物作りの現場では世間にあまり知られていないようなものが使われたりするものですが、フッ素コーティングもその一つだといっていいのかもしれません。また電子部品はできる…